建設業界におけるDXの特徴と流れ

「建設業界のDXとは?」
「DXの役割が知りたい」
「ブラニュー株式会社に転職したい」

建設業界は少子高齢化の影響もあって、特に人手不足と人材確保の課題に直面している業界です。
不足する人材の確保はまさに急務ですが、長年にわたり続いてきた構造を改革するような形での変革を短期間で実現するのは困難です。
そこで重要になってくるのが変革に必要な時間の確保と、当面のあいだ乗り切る為の業務効率化の取り組みです。
業務を効率化できれば限られる人材でも対応できる可能性が出てきますし、その間に人手を集めて人材を確保できれば、困難な曲面を乗り切れる可能性が出てきます。

開業とは必要なものについて

【PR特集】BRANU株式会社(ブラニュー)は、建設業の業務効率を向上させるクラウド型ワークマネジメントツール「CAREECON」の開発を通じて、建設業界のDXを加速させるサービスを提供しています。
ブラニュー

建設業界のDXとは?ブラニュー株式会社さんに聞いてみる

この時間稼ぎになると注目を集めているのがDXで、デジタル技術を活用することで引き起こす変革、デジタル・トランスフォーメーションです。
建設業界には労働生産性の低さや高齢化による加速度的な人手不足、非効率的な働き方にインフラの老朽化といった課題があります。
労働生産性の問題は下請けの更に孫請けなど、業界の多重構造によって引き起こされている部分も小さくないです。
また高齢化で経験豊富な職人が現役を引退してしまい、技術が若い人に引き継がれていないことも問題の1つです。
若い人から見て魅力的に映る業界に変わらない限り、今後も人手不足が続いて苦しい状況が長く継続することになるでしょう。

DXの役割

インフラの老朽化というのは、戦後高度成長期に建てられた建物や造られたものが一斉に老朽化して、その更新の需要が高まったことを指します。
全国規模で老朽化が表面化して工事を必要とする現場が増えているので、人手不足に直面する建設業界にとっては目下の課題となっています。
この多重苦ともいえる状況を覆す一手になり得るのが、デジタル・トランスフォーメーションのDXです。
DXはただデジタル技術を活用するだけでなく、それによって効果を発揮することが不可欠です。
そして業界の課題を解決する結果に繋がることこそが、大きな目標であって最終的なゴールとなります。
業務にスマホやタブレット、パソコンを導入するだけでは不十分ですし、これらを使って何ができるか考えて実践することが求められます。

具体的に行われている取り組み

具体的に行われている取り組みを挙げると、紙の資料や書類をデジタル化して現場でできる作業を増やしたり、人材を必要とする企業と職人の直接的なマッチングなどがあります。
前者は紙で現場の確認や手続きを行っていたものが、デジタル化によって格段に作業がしやすくなったケースです。
紙はそれだけで嵩張りますし、建設現場に持ち込む資料や書類を合わせるとかなりの数になります。
1枚でも忘れると事務所に取りに戻る必要がありますし、現場では何枚も書類を広げなければいけないので大変です。
そうした扱いにくくて手間の掛かる資料、書類をタブレットの画面上で扱えるようにしたのがこの取り組みのポイントです。
確認したい資料や手続きに必要な書類は画面をタッチするだけで見られますし、書類の作成も提出も画面上の操作で完結するので快適です。

建設業界に特化するマッチングプラットフォーム

後者の事例は建設業界に特化するマッチングプラットフォームが特徴で、下請けや孫請けの構造から脱却する試みです。
ポイントとなるのは、1つのプラットフォームでありながら、企業と職人にそれぞれ異なるUIを提供していることにあります。
企業側にとって使いやすいUI、仕事を探したい職人に適したUIは違うということに気がつかせてくれるDXの事例です。
直接的なやり取りや第三者が見て確認しやすい評価、過去の実績などが分かる仕組みを盛り込んでいるのも魅力です。
このように業界を変えたい、直面している課題を乗り越えようとDXを活用している企業が増えています。
しかしまだまだ十分とはいえませんし、更に人手不足が加速する状況を想定すれば、もっと急ピッチで取り組むべきだと考えられます。

遠隔で業務ができる仕組みを採用しようという企業は少なくない

テレワークの普及拡大もあって、建設業界でも遠隔で業務ができる仕組みを採用しようという企業は少なくないです。
工事といっても現場作業ばかりではないですし、事務的な作業も多いですから、事務作業の効率化もできれば人手不足の緩和に繋がるはずです。
作業風景を動画に撮影して説明をつけ、若手の育成に活用する技術継承のDXの事例もあります。
これは製造業界でも行われている取り組みの1つで、視覚的に作業手順を確認しながら技術が学べるのが特徴です。
動画を撮影して説明もつけなければいけないので大変ですが、デジタル技術の活用とサポートによって、作業の負担軽減と効率化の助けになっているのは確かです。
いずれにしても、デジタル技術を取り入れば簡単に問題や課題が解決すると考えるのは間違いです。
大切なのは技術をどのように有効活用するかで、人間の柔軟な発想力が問われます。

まとめ

高齢化が進む建設業界は残念ながら、半世紀にわたって古いやり方を続けてきた経緯があります。
それが今になって様々な形で問題化しており、デジタルが遅れを取り戻すのに欠かせない技術となりつつあります。
そういっても決して簡単なことではありませんし、状況が明らかに好転して見えるようになるのはまだかなり先だと思われます。