朋和産業株式会社はパッケージ製品全般に携わります

朋和産業株式会社は、パッケージ製品全般に携わる企業です。
食品に用いるラッピングフィルムから、医療器具に用いられるフィルムに至るまで、包装を中心に多様な分野におけるフィルム製造に関わります。
生鮮食品の類いでは、如何に鮮度を保ったまま消費者に提供できるかが重要な構成要素となるものです。
同社では、長年の研究成果により、食品本来の旨味を封じ込めた形でのラッピングを可能としています。
作りたての感じをそのままの形で提供することが、朋和産業株式会社のパッケージ技術により実現しているのです。

冷凍食品の分野においても朋和産業の技術は幅広く活用されている

食品分野におけるパッケージング技術が活用される先は、生鮮食品の分野だけではありません。
冷凍食品の分野においても、同社の技術は幅広く活用されています。
低温の環境下において、長期に亘って保存が行われた場合であっても、食品そのものの風味や味わいが損なわれることのない工夫が施されているのです。
食品に限らず、新商品を開発する際には、包装をどのような形で行なうかで悩むものでしょう。
多様な商品が陳列されている中から、自社商品を選んでもらうためには、消費者の目を惹くパッケージであることが欠かせないからです。
他社との差別性を図るためには、味わいは勿論のこと、手にとってみたくなるような、魅力的なデザインであることも大切となります。
朋和産業株式会社では、パッケージの制作に際し、打ち合わせの段階から参画を行ないます。
過去の製作事例を元にした、要望に適した包装の作成方法についてを、顧客と一体になって考案していくのです。

トレンドを読み取るためのマーケティング専門部署が備えられている

パッケージに用いるデザインは、その時のトレンドによっても変わっていきます。
朋和産業株式会社の中には、トレンドを読み取るための、マーケティング専門部署が備えられています。
対象となる商品が、市場の中でユーザーにどのような形で受け入れられているのかを、的確なデータとして捉えることが出来るのです。
企画の段階から関わり、製品の完成に至るまでについてを一貫して関われる生産体制が、朋和産業株式会社が多くの企業に支持されて来た理由なのです。
同社は、パッケージ製品を供給する上で生じる、様々な環境問題への対応も行ないます。
スナック菓子などのパッケージは、毎日のように大量に廃棄されていくものでもあります。
環境を意識した製品でなくては、廃棄された段階で環境汚染へと繋がっていくのです。
独自の研究施設を用いて、環境に与える影響が少ない製品を続けることは、長きに亘ってパッケージ製品を作る上では欠かせない部分ともなります。

一貫して行えるスピーディな生産体制

創業から50年以上に亘って、パッケージ製品を作り上げて来た同社には、実績による知見だけではなく、環境保全に対する施策も備わっているのです。
朋和産業株式会社が信頼されている理由には、多数の実績や環境問題への取り組み以外に、一貫して行えるスピーディな生産体制も挙げられます。
新商品を企画する際には、即座にリリースを迫られることも珍しくありません。
複数の事業者を束ねての制作では、リリース時期に間に合わせることが出来ないことも有り得ます。
受注した製品を自社内で開発し、品質管理を併せて行なう同社であれば、急な受注に対しても迅速に対応することは可能です。
キャンペーン時期などに、急いで多くのパッケージ製品を作る必要が生じた場合であっても、朋和産業株式会社であれば無理なく対応することが出来るのです。

医療の領域に至るまで幅広い活用が行われている

朋和産業株式会社の卓越したパッケージ技術は、食品分野だけではなく、医療の領域に至るまで幅広い活用が行われています。
レントゲンなどの医療機器では、レンズに用いるフィルムの精度が良いかが、治療に際して大きな影響を及ぼすことも有り得ます。
多様なパッケージ製品を作って来た同社であれば、ミリ単位の精度が求められる医療分野においても、精巧なフィルムを作り上げていくことは可能です。
精度が高い製品であることは勿論のこと、衛生面も重視したフィルムを、病棟や医薬品メーカーなどに、朋和は多数提供して来ています。
包むことを目的として設立された同社は、多様な業界へのパッケージ提供を続けるうちに、日増しに企業規模を拡大させていきました。
長きに亘って営業を続けて来た結果、今では全国規模のネットワークを誇るに至るまで、企業規模は大きくなって来ています。
取引先に見られる企業には、大手企業から地域に特化した中小企業までの、様々なものが見られます。
多様な製品の製造に携わって来た実績と、環境問題へ取り組む同社の姿勢が、自然な形で多くの企業に受け入れられていったためです。

まとめ

スーパーやコンビニに陳列される食品の多くが、朋和のパッケージにより包装されています。
手に取ってみたくなる魅惑的なデザインと、開封のしやすい包装が、多くのメーカーに支持されていった結果です。
包装業界では確固たる地位を得るに至った今でも、朋和は活気あふれる生産体制と革新を生み出すことを可能にする企業風土を維持し続けています。