【まとめ】プロパンガスの本質を知りたい

「プロパンガスと都市ガスの成分はどう違う?」
「プロパンガスの料金相場はどれぐらい?」
「秋田県秋田市でプロパンガス会社を探している」

引っ越しをする場合には、地域によっていろいろな状況が異なるため注意をしなければいけません。
住む環境が異なると、地形等が異なるだけでなく、ガスの種類も異なる可能性があるため注意が必要です。
例えば、田舎から出てきた人が東京に住む場合などは、プロパンだったものを都市ガスに変えなければいけません。
自分でガスを変えるわけでは無いですが、調理器具等が使えないケースもあるため注意が必要です。
つまりプロパンのときには使えたものでも都市ガスになると使えない調理器具が出てくるため注意が必要になります。

秋田県秋田市のプロパンガス会社と一番安いガス料金【まちがす】

プロパンはボンベに入れて運びやすい

逆のパターンも考えられ、今まで都市ガスを使っていた人がプロパンガスのところに居住した場合には、若干違いが生じます。
やはりこの時も、利用する器具によっては使い勝手が悪くなるケースもあるため、いちど調べておいた方が良いかもしれません。
基本的に、調理する時やお風呂沸かしときに便利ですが、必要最低限知っておきたい2つの違いは、プロパンやメタンと言う主成分の違いが考えられます。
プロパンガスはそのまま名前の通りプロパンを使っており、このガスの種類はボンベに入れて運びやすいのが特徴です。
8割程度で液化することから、わざわざ都市ガスで流す必要はありません。
そして何より、ボンベに充填しやすいことから主にボンベが使われているのが特徴といえます。

メタンは都市ガスなどで使われている

一方で都市ガスの場合は、ボンベには一切向きません。
これはメタンと呼ばれるものが使われており、液化するときには8割程度ではなくマイナス160度以下まで温度を下げなければいけないわけです。
そうすると、もはやプロパンガスと同じようにボンベで運ぶ事は不可能でガス管の中で処理をするしかありません。
そのような理由から、メタンは都市ガスなどで使われています。
そしてこれは地下を通っているため、冷えた状態で各家庭まで届くようになっています。

都市ガスは公共料金として法律が適用される

種類も違いますが、料金体系が異なることも知っておいた方が良いかもしれません。
引っ越しをする人にとって、1番の関心事がこの料金になるわけです。
2つを比較した場合、都市ガスの場合には公共料金として法律が適用されます。
そのため、一定金額よりも単価が上がる事はありません。
つまり水道を使う場合、どこで使っても水道料金が変わらないのと同じになります。

プロパンガスは自由料金

一方プロパンガスのほうは、もともと自由料金と呼ばれるものが設定されており、小売によって料金が違ったわけです。
そうすると、競争相手もいない場合には小売が一方的に料金を値上げすることができました。
そうすると、そこに住んでいる人は高い料金を支払わなければいけない一方で、自分たちでガスを手に入れる方法がないためやむなく高い料金を支払っていた時期もあったようです。
当然ながら都市ガスが引かれていなければ、それ以外に方法はありません。
今の60代や70代あるいはそれ以上の年齢の人が、プロパンガスは高いので使いたくないと言う人もいるのはこういった理由にあります。

ガスの自由競争によりプロパンガスの会社もかなり数が増えた

ところが最近は、ガスの自由競争がされておりプロパンガスの会社もかなり数が増えました。
自由競争のメリットは、料金が安くなることです。
今まで高額に吊り上げていた小売業者は、新しく入ってきた安い参入業者に対して対抗する方法がなくなります。
つまり、今まで独占されていた地域も、徐々に料金プランの安い新しいところに会社を変え、安い料金で使う人が増えます。
最初のうちはそこまで増えませんが、数年もすると一気に移り変わるようなこともあり、そのままの料金では会社が倒産してしまう恐れもあるわけです。
結果的に、新規で参入してきたところと比較しても引けを取らないぐらい安くするところも増えてきました。

プロパンの危険性について

プロパンと言えば、地中の中でガスが通っているわけではないため、ガス爆発の危険性を訴える人がいます。
ガス爆発が起きるではガス漏れが原因になりますが、平成22年の例で言えばガス漏れは22件しか起きていません。
当然これは1%未満と言えるでしょう。
つまり容器から漏れ出したものはほとんどなく、安全性が高いといっても言い過ぎではありません。
そして、それ以外の原因によるガス漏れもありましたが、これはプロパン特有のものではなくボンベとは関係ないところから漏れていたことを考えると、都市ガスでも起こり得るものといえます。

まとめ

ガスの特徴から考えて、ガス漏れが発生した場合どのように空気中にガスが漏れるかも知っておきましょう。
目に見えないものですが、基本的に都市ガスの場合にはかなり軽いことから空気中を上のほうに上がっていきます。
つまり、外でガス漏れが発生した場合には上のほうに上がっていくため溜まる事はまずありません。
一方で、プロパンの場合は重たいものを利用しているため空気中に入ったものでも沈んでしまいます。
特に地下の場合には地下にガスが溜まってしまうため、その点は注意をしなければなりません。
ちなみに大きな地震が発生した場合、復旧しやすいのはプロパンの方と言われています。