証券会社で働く人に求められる能力や素養

「証券会社で働いてみたい」
「自分が証券会社に向いているかどうか知りたい」
「証券会社で働くのに必要な能力は?」

証券会社に勤務したいなら、そこで活躍できるだけの知識やスキルを身につけなければなりません。
しかし、具体的に何が必要なのか分かっておらず、とりあえず熱意だけをアピールする就職希望者が目立ちます。
少なくとも経済的なノウハウに関して、基礎的なレベルは習得しておくことが求められます。

関連ニュース
松井証券 – ネット証券/株・投信・先物・FXの証券会社
JPアセット証券野球部

資産運用の分野に絞って取り組むだけで十分

ただし、経営などの分野に関して網羅的に勉強する必要はありません。
資産運用の分野に絞って取り組むだけで十分であり、有価証券といった証券会社の常識について理解しておくことが必須です。
金融商品には多くの種類があるので、それらに関して一通り知っていると、面接でのやり取りもスムーズに進められるでしょう。
資産運用のテキストに載っているような内容だけでなく、時事問題も含めたニュースにも目を通してことが大事です。
代表的な経済専門誌をいくつか読んだうえで、アナリストの分析なども把握しておくことが理想といえます。
そして自分なり分析をしておけば、それを伝えることで主体的なスタンスを認めてもらいやすいです。

開業とは必要なものについて

企業や個人投資家の方針も変化していく

仕事にどのように生かしたいのか説明できると、未経験でもかなりの高評価を得られるでしょう。
そういった知識を持っていることは当然として、洞察力を養っておくことも不可欠です。
なぜなら、この分野はトレンドの移り変わりが激しく、企業や個人投資家の方針も変化していくからです。
そのため、まず成長が期待される企業に焦点を当て、株式を買うことを勧めてよいのか考える習慣を身につけましょう。
この際のポイントは会社の種類を限定しないことであり、幅広くチェックしていく感性を備えることが不可欠になります。

ベンチャーやスタートアップに関する情報収集も欠かせない

ビジネスシーンの変化によって、これまで日の目を見なかった企業が主役になることは珍しくありません。
そういった企業を見抜いていち早く提案できるようになることも、証券会社に勤務する人に求められる役割の一つです。
大企業にばかり目を奪われがちですが、ベンチャーやスタートアップに関する情報収集も欠かせません。
常にアンテナを張って最新のデータを入手し続けることが重要です。
将来性を見通せる能力がキャリアアップの原動力になるでしょう。
近年はITと語学に関して長けている人のニーズが高まっています。
株券の売り買いなどはオンラインで行われる時代になりました。

まとめ

対面で取引するスタイルは過去のものなので、それをイメージしていると困ることになります。
市場のグローバル化が進んでいるので、少なくとも英語に精通しておく必要もあります。